teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


東葛山の会HP移転

 投稿者:toshi  投稿日:2016年 6月18日(土)22時09分11秒
返信・引用
  東葛山の会のHPが移転しました。
まだ工事中ですが一度訪問してみて下さい

URLは以下の通りです。
http://toshi001960.wix.com/mysite
 
 
 

入会躊躇

 投稿者:金老者  投稿日:2016年 3月27日(日)22時37分7秒
返信・引用
  山の会に入りたく身の丈に合う会を探しております。
貴会は海外や北海道ツアーなどが多いセレブな会と聞き及んでいます。
今年はベトナムやニュージーランドツアーなどがあるそうですが、旅費が60~70万円ぐらい必要とのこと。
私は、年金ぐらしでとても入会できそうにありません。
ホームページを眺めて楽しみたいので、早く更新して下さい。
 

映画「エレベスト」

 投稿者:沙汰之助  投稿日:2016年 3月17日(木)21時51分37秒
返信・引用
  現場を離れて久しいですが、気持ちだけはと題名に惹かれて観てきました。

内容は、エベレストの絶景もそこそこに主人公の心の葛藤がメインです。
観てのお楽しみということで、乞うご期待です。

なお、長年の習性で身に着けている装備とか技に目が行きます。
今回はモンベルがスポンサーに付いたようです。
 

最近の活動

 投稿者:松田  投稿日:2016年 2月10日(水)15時56分36秒
返信・引用
  はじめまして。
白井市在住の松田と申します。
地元の山岳会について調べておりましたところ、こちらのHPにたどり着きました。
小生、年間を通じて簡単な沢登りと山スキーを楽しんでおります↓
http://www.geocities.jp/mt_raccojp/kirokutop.htm

こちらの会に興味があるのですが、最近の活動記録が見あたらないためこちらに書かせていただきました。
HPが別な場所に移転されたのでしょうか?

http://www.geocities.jp/mt_raccojp/

 

蔵王山スキー合宿

 投稿者:hiyorimi  投稿日:2015年 2月11日(水)22時14分37秒
返信・引用
  スキー蔵王温泉をベースにモンスター(樹氷)の雪原滑降をめざして蔵王へ行ってきました。
全山樹氷かと思っていたら樹層が違い上の方だけでした。
初日はまあまあの天候でしたが、翌日は今季最大の寒波だそうで、風雪の中、良い雪山訓練となりました。
 

謹賀新年

 投稿者:hiyorimi  投稿日:2015年 1月 3日(土)01時19分2秒
返信・引用
  本年も元旦は竜ヶ岳よりダイヤモンド富士山を仰ぎ、山の安全を拝むゴメンと共に新年を寿ぎました。
前日は雪がちらつく天候でしたが夜明け前より天の川が現れ、ご来光の後10時過ぎには曇に覆われ雪がちらつき出しました。
今年は何かいいことが有りそうな・・・?

?
 

裏丹:黍殻避難小屋体験

 投稿者:hiyorimi  投稿日:2014年12月31日(水)23時12分2秒
返信・引用
  今年、裏丹沢の黍殻小屋が新装OPENとのことで、先日、避難訓練にて小屋状況の確認と体験宿泊を兼ねて蛭ヶ岳に登頂してきました。
(道は霜柱だけで雪はなく、天候にも恵まれ富士山~スカイツリー~筑波山まで見えました)
小屋の定員は板の間にゆったりで12名ぐらい、土間にはテーブルと椅子あり。
トイレは屋外で、水場は地図上で10分ほどのところにある模様。(未確認)
主脈縦走路にあるためか利用者も多く、サッシ窓と相まって暖かく寝ることが出来ました。
※緊急避難時には、是非利用されたし。

 

しげさん

 投稿者:大附 雅伸  投稿日:2014年11月 3日(月)07時18分49秒
返信・引用
  お元気ですか?
再会したいのでメール下さい
m3nbo2ki@gmail.com
 

再びの大台ケ原~大杉谷

 投稿者:hiyorimi  投稿日:2014年10月31日(金)21時29分21秒
返信・引用
  大台ケ原を源とする大杉谷が、10年前に台風被害で通行止めとなり、以来復旧工事がやっと終わり今年開通したので、35年?ぶりに行ってきました。
大台ケ原は、私の山の原点で高校生の時、当時深夜放送で「ツチノコ」探しがブームの時キャンプに行ったところです。
大杉谷は、七つの大滝と11本のつり橋があり、岩壁を削って付けられた道はミニ黒部川下の廊下です。
(一人づつしか渡れなかった昔のつり橋や岩壁の道は、ワイヤーや鎖がしっかりとしていて安全度が格段に良くなっていた。)
滝壺や大淵はコバルトブルーに染まり、迫りくる大岩 壁などの絶景は見応え十分で期待を裏切らないお勧めのコースです。チョキ
なお、当日は2件の滑落事故に遭遇しました。救急車
※あなどることなかれ!!


?
 

岩稜歩きと温泉

 投稿者:hiyorimi  投稿日:2014年 8月 2日(土)00時03分22秒
返信・引用
  映画「春を背負いて」を観て、夏は久々に雄大なアルプスの景色もいいな~と想っていたところでお誘いがあり、唐松~不帰~白馬鑓温泉に避暑に行ってきました。

八方尾根から唐松岳へは積雪期しか来たことがなかったのですが、人の多さにびっくり。
唐松山荘は基本料金だと50mほど離れた別館(泊)で少々不便。(食事は本館にて)
稜線上では、立山・剣が目前に迫って見えます。

不帰の峰は、岩稜歩きに慣れていないと少し緊張しますが鎖もついているので問題なし。

2100mにある鑓温泉の露天風呂(男湯)は、よしず張りも昼は外から丸見え(20時から21時は女湯⇒暗くて見えない!)だが湯温もちょうど良く、天候に恵まれ夜は満天の星空で、朝はご来光を拝めてお勧めです。
 

レンタル掲示板
/6